当院のご案内

ご挨拶

当院は昭和43年(1968年)私の父親でもある先代院長がこの地で開業し、以来長年にわたり地域に密着、お子様からお年寄りの患者様まで親子3世代、ひとりひとりに寄り添った診療を行うなどして、多くの方々から「かかりつけ医」として信頼され、おかげさまで地元の皆様が足しげく通う医院として定着するようになりました。
そして平成20年に父である先代から当院を継承し、現在は内科・小児科の一般外来をはじめ、各種健康診断・予防接種・在宅医療を行っております。

診療でのモットーですが、私自身は医学生時代より「病気を診るのではなく、病人を診なさい」という教育を受けてきた影響から、患者様が訴える症状には真摯に耳を傾け、それこそ頭の先からつま先まで患者様に現れている症状をつぶさに観察し、診断をつけるのに必要であれば詳細な検査を行うなどして、総合的に判断するというスタンスで行ってきています。
そのため、患者様が求めていることは何かをまず探り、説明が必要であれば専門用語は極力使わずご理解いただけるまで丁寧にご説明させていただきます。

プライベートについて触れますと、私は妻と子ども4人の計6人家族で、ちょうど子育て世代にあたります。そのため小児科では、我が子と同世代の小さなお子様も診療しておりますが、常日頃から「自分の子供なら…」という思いで、診察・診断を心がけております。
また、診察時には患者様にとって耳が痛い話をする必要やスタッフを指導する際にあえて嫌われ役になるという場面に遭遇します。その際は濁すようなことは一切せず、はっきり的確に、それでいて注意事項は耳にすんなり入る雰囲気づくりにも努めています。

院長紹介

蒔田 隆二

まきた内科医院 院長  蒔田 隆二

プロフィール

私の家族:
妻と子供4人の6人家族です
趣味:
スキー、スノーボード
旅行:
とくに沖縄が大好きです

院内の様子

拡大写真

外観 外観

受付 受付

待合室① 待合室①

待合室② 待合室②

ホール ホール

診察室 診察室

処置室 処置室


診療設備のご紹介

心電図

心電図

心電図は、心臓の筋肉が興奮する(活動する)際に生じる電気活動を記録するものです。 正常な心電図には一定の波形があり、これが乱れることにより生じる、様々な心臓疾患を診断することが出来ます。

全自動血球計数器

全自動血球計数器

院内にて全自動で血液中の白血球・赤血球・血小板などを測定することが可能で、感染症や貧血等の検査に大変有効です。後日、クリニックに足を運ぶことなくその日のうちに結果がわかるので、患者様の負担を軽減できます。

楽しく通えるお医者さんであるように

キッズスペース
4人の子供を持つ父親でもある院長だからこそ、当院を"楽しく通えるお医者さん"といった身近な存在としてお子様に感じて頂けるよう、教育玩具のパイオニアである「ボーネルンド」プロデュースのキッズスペースをご用意致しました。 ボーネルンド

ページトップへ