生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは、ひとつの病気を指して言うものではありません。
これは日頃の不摂生な生活習慣(食生活の乱れ(過食や偏食)、運動不足、嗜好品(タバコやお酒)の過剰摂取など)によって引き起こされる慢性疾患の総称を言います。
そのため疾患名ではありません。代表的な疾患には、生活習慣病に縁がない方でも一度は聞いたことがある、糖尿病、高血圧、脂質異常症などです。

このように疾患名はそれぞれ異なりますが、これらには共通するものがあります。それは、自覚症状(とくに初期)がみられることがないということです。
そして発症に気づかない間も密かに病状は進行していき、血管皮内はダメージを受け続け、動脈硬化などを招くようになります。そして自覚症状が現れる頃には、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を起因として、別の病気や症状(狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患など)を引き起こす合併症によって、発症に気づくということも少なくありません。

ただ症状が現れにくいといっても、職場や学校、自治体などが定期的に行っている健康診断などを受診すると、その結果から血糖値の数値や血圧、コレステロール値の高さなどを確認することもあるかと思います。
そういった際にはこれといった症状が無くても受診するようにしてください。

当院では特に高血圧症については力を注いでいる分野でもありますので血圧の高めの方、気になる方はぜひ一度ご相談下さい。
診断により専門的治療が必要であると判断した場合、直ちに谷津保健病院など、適切な医療機関へご紹介させて頂きます。
治療については、主に生活習慣の改善となりますが、具体的には規則正しく栄養バランスのとれた食生活、無理をせずに毎日続けられる運動療法のほか、睡眠時間やストレス管理なども含め、幅広くアドバイスいたします。
場合によっては患者様にとって耳が痛いお話をさせていただく事もございますが、皆様の健康のため、濁さずにはっきりとお伝えさせていただきます。

主な生活習慣病

糖尿病

生活習慣病

糖尿病は血中のブドウ糖濃度(血糖値)が慢性的に高くなっている状態です。血糖値は食事や糖分が含むジュースを飲むなどすることで上昇するようになりますが、これは膵臓で作られるホルモンの一種インスリンの分泌によって、その数値は下がる(バランスがとれた状態に戻る)ようになります。ただ糖尿病患者様では、この血糖値を下げる役割のあるインスリンが全く分泌されない、あるいは分泌しても量が不足した状態となってしまいます。これが慢性的に血糖値を高くするのです。
このインスリンが出ない、もしくは不足するという原因は2つあるとされています。そのひとつが1型糖尿病と呼ばれるもので、これは膵臓のβ細胞が主に自己免疫反応などによって破壊されてしまいインスリンが全く分泌されなくなる状態を言います。

もうひとつのタイプは2型糖尿病で、こちらは過食・偏食などの食生活の乱れ、慢性的な運動不足、喫煙・飲酒など嗜好品の過剰摂取といった日頃からの不摂生な生活習慣によってインスリンが少量しか出なくなる状態を言います。なお日本人の全糖尿病患者95%以上の方が後者(2型糖尿病)です。 糖尿病は発症しても初期の頃は自覚症状(痛みなど)が現れにくいです。ただ人によっては、異常にのどが渇く、倦怠感がある、尿の量が多い、食べているのに体重が減るといったことがみられます。このような場合は、速やかに当院へご相談ください。 また上記のような症状があってもなくても糖尿病を発症していれば血糖のコントロールを行わない限りは、常に血管は損傷を受け続けます。そのため放置のままなら細小血管から障害が起きるようになり、やがて糖尿病による合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害 など)や動脈硬化の促進による、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などを発症するようになります。

高血圧症

生活習慣病

慢性的に血圧が高い方は、高血圧症と診断されます。これは、外来時の血圧測定で最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、最低血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上の場合(日本高血圧学会)を言います。なお、どちらか一方のみ超えているという場合でも、その対象となります。
常に高血圧の状態が続けば、心臓から血液を血管へ送るたびに余分に負荷を掛け続けなければならなくなるので、血管はその圧力に耐えられるべく血管壁を厚くしていきます。この悪循環が動脈硬化を促進させ、さらに進行させるようになると脳卒中や心臓病(心筋梗塞、心不全、狭心症 など)、腎臓病といった重い合併症を引き起こすこともあります。なお高血圧は発症しても自覚症状が起きることは、ほぼありません。ごく稀に頭痛やめまいがみられることがあります。

原因につきましては、特定できない本態性高血圧と他の病気が原因の二次性高血圧が考えられますが、日本人の全高血圧患者の中の9割近くが前者(本態性高血圧)です。なお本態性高血圧は原因不特定とされていますが、遺伝的要因や肥満のほか、過食・偏食、飲酒、ストレス、運動不足、塩分の過剰摂取などの生活習慣が関与していると考えられています。また、二次性高血圧は、他の疾患が原因で発症した高血圧を言います。甲状腺疾患、睡眠時無呼吸症候群といった病気が原因のほか、薬剤で誘発されることもあります。

なお当院は、高血圧症については注力している分野でもありますので、血圧の高めの方、気になる方はぜひ一度ご相談下さい。また、診断により専門的治療が必要であると判断した場合、直ちに谷津保健病院など、適切な医療機関へご紹介させて頂きます。。

脂質異常症

生活習慣病

中性脂肪(LDL(悪玉)コレステロールやトリセグライトなど)が慢性的に高い数値にある方、もしくはHDL(善玉)コレステロールの数値が少ない方は、脂質異常症と診断されます。

コレステロールと聞くとあまり良いイメージを持っていないという方もいるかもしれませんが、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料として欠かせないもので、体にとっては必要なものでもあるのです。ただ、これが過剰な状態となるとLDL(悪玉)コレステロールになって、これが血管に蓄積するなどしてしまうと動脈硬化を招くようになります。さらにこれが進行し、蓄積されたものが血管内を狭くさせて血流が悪くなる、血管を詰まらせるなどすると、心筋梗塞や脳卒中といった病気を引き起こすようになります。なお原因については、遺伝、偏食や過食など乱れた食生活、慢性的な運動不足などが考えられています。

脂質異常症も自覚症状に乏しいので、健康診断などの血液検査で血中の脂質の値が高いとの指摘を医師から受ける、動脈硬化の進行度を確認する検査で発症に気づくという場合が多いので健診や人間ドックを受けられたら脂質の値を確認するようにしましょう。なお脂質異常症と診断される具体的な数値は次の通りです。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL
  • 中性脂肪≧150mg/dL
  • HDLコレステロール値<40mg/dL

ページトップへ